鶴岡丸かじり

世界が絶賛したパスタ理論を学ぼう。奥田流ガストロノミーセミナー

すぐに使えるテクニックが満載です

presented by DE CECCO

第1回 奥田流ガストロノミーセミナー「パスタのパスタのゆで論・ふり論」開催レポート第1回 奥田流ガストロノミーセミナー「パスタのパスタのゆで論・ふり論」開催レポート

奥田流ガストロノミーセミナーの様子
奥田流ガストロノミーセミナーの様子
奥田流ガストロノミーセミナーの様子
奥田流ガストロノミーセミナーの様子
奥田流ガストロノミーセミナーの様子
参加資格
プロの料理人の方
※鶴岡の食材の可能性や、奥田政行シェフの知識・技術を広く知っていただき、料理人としてのレベル向上につなげていただくことを目的としたセミナーとなります。
会場
文化体験スペース「FOODEVERキッチン」
山形県鶴岡市末広町3番1号 マリカ東館1F FOODEVER内
協賛
日清製粉グループ日清フーズ株式会社

プログラム

奥田政行シェフのパスタ理論を1日で学べるセミナーとなっております。
※セミナーの内容は、変更になる場合がございます。

■午前の部(11:00~12:30)

パスタと食材の風味・食感を
極めた奥田理論(前編)

「塩分濃度と沸点」でパスタはもっと美味しくなる。

学べるテーマ

  • 塩と素材の関係
  • 塩とゆで水の関係・地方の食材を応用した、シンプルなペペロンチーノ・ソースの塩分とパスタの塩分の考え方

■午後の部(13:30~15:00)

パスタと食材の風味・食感を
極めた奥田理論(後編)

「あおる・合わせる・ゆする」でパスタはもっと美味しくなる。

学べるテーマ

  • オイルと素材の関係
  • ロングパスタのふり論
  • ショートパスタのまぜ論

※午前の部と午後の部の間に1時間の昼休憩がございます。

講師紹介

奥田政行

株式会社オール・ケッチァーノ代表取締役。アル・ケッチァーノ オーナーシェフ。山形県鶴岡市出身。27歳で鶴岡ワシントンホテルの料理長に就任。2000年、「地場イタリアン」を掲げる店「アル・ケッチャーノ」を櫛引市(現・鶴岡市)にオープン。2004年より、山形県庄内総合市庁「食の都庄内」親善大使就任、「庄内浜文化伝道師マイスター」も務める。イタリア・スローフード協会国際本部「テッラ・マードレ2006」で、「世界の料理人1000人」に選出される。2009年、東京銀座の「ヤマガタ・サンダンデロ」をプロデュース。
「FOOD ACTION NIPPON アワード2009」コミュニケーション・啓発部門優秀賞受賞。第1回「辻静雄食文化賞」受賞。奥田氏著の「食べもの時鑑」が、グルマン世界料理本大賞 2017アワード「FOOD HERITAGE」部門グランプリ受賞。

ゲスト講師青山志穂

シニアソルトコーディネーター。一般社団法人日本ソルトコーディネーター協会代表理事。東京都出身。慶應義塾大学卒業後、大手食品メーカーを経て、塩の専門店に入社。
2012年に独立し、一般社団法人日本ソルトコーディネーター協会を設立。日本初となる塩のプロフェッショナルを育てるべく、「ソルトコーディネーター」資格制度を立ち上げる。現在は、全国各地を飛び回りながら、講演活動やメディア出演など、塩の魅力を広く伝えている。製塩所へのコンサルティングやカフェメニュー・商品開発なども手掛ける。

ゲスト講師地曳直子

オイリスト。日本オイル美容協会理事。国際食学協会特別講師。日本インナービューティーダイエット協会顧問。NPOがんコントロール協会認定ヘルシーフードコンシェルジュ・油アドバイザー。NPO日本メディカルアロマテラピー協会認定講師・調合師。 食事療法のため分子栄養学を学ぶ中で「油を変えると60種類の疾患が改善する」という言葉を知る。以後、日々食する油が心身に大きく影響している事を伝えるべく、セミナーや料理教室、レシピ提案などを通じて、油と精油の重要性を広める活動をしている。